HOME > 採用情報 > 働く現場の声

働く現場の声

看護部外来

看護部 外来看護師 市川友嘉

緑協和病院へ入職した理由

出産、子育てを経て、現場復帰を考え始め、今後どのような看護に向き合っていきたいか考えました。 入院期間が短い一般病棟ではなく、病状の落ち着いた療養病棟で患者様やご家族の方々と深く向き合える看護に携わりたいと思いました。 そのような考えから、療養病棟のある緑協和病院への入職を希望しました。

外来の雰囲気・特色

(雰囲気)
明るい笑顔と、気持ちのよい挨拶ができる職場です。
また、よりよい外来看護を提供するために、話し合いの場を設けています。年齢に関係なく頻繁に意見を交わすことのできる職場環境です。
(特色)
ご高齢の方も多く、患者様一人一人に合わせ、寄り添う看護を提供できるよう心がけています。
また、患者様と何気ない事でも話すことができる空間作りを目指し、看護師と患者様の距離を近くすることを心がけています。

今後の展望(個人・外来)

(個人)
私は、各専門部署と連携を取り、外来に通院されている患者様、ご家族の皆様が不安をもたないよう支援していきたいと思っております。
(外来)
患者様や、ご家族の皆様と意見の交わすことで、一人一人に合わせたニーズを的確に把握し、迅速な対応が出来るよう努めていきたいと思っております。

医療相談室

医療相談室 医療ソーシャルワーカー 西川祐紀

緑協和病院へ入職した理由

緑協和病院へ入職した一番大きい理由は、私がソーシャルワーカー1年目の新人研修の際に、オブザーバーとしてご指導してくれた方が居た事です。右も左も分からない新人の頃にお会いした先輩方の中でも強く印象に残っておりました。そんな方と一緒にお仕事が出来るということはとても光栄なことでした。また相談のお電話や面談で伺った際、職員の方の対応にとても温かさを感じ、入職を決めました。

医療相談室の雰囲気・特色

(雰囲気)
お仕事の内容から、様々な方の生き様について触れることもあり、重くなる話も多いですが、いつも明るくほのぼのと笑顔あふれる相談室です。
(特色)
病院の相談室というと敷居が高く入りにくいというイメージもありますが、当院の相談室は外からも顔が見えるので、窓をノックして頂き、気軽に寄って頂けるようになっています。相談員も2人おりますので、どちらかで、すぐに対応するようにしております。

今後の展望(個人・医療相談室)

(個人)
私個人としては、社会福祉の制度等の知識を更に深め、幅広いご相談に迅速に対応していければと思っています。また、健康の為に始めたランニングですが、数年後に横浜マラソンにチャレンジしたいと思っています。
(医療相談室)
患者様、ご家族との情報共有を密にしながら、緑協和病院での入院生活でお困りになる事が無いようにサポートをさせて頂きたいと思っております。

リハビリテーション科

リハビリテーション科 理学療法士 中村駿介

緑協和病院へ入職した理由

初めて緑協和病院を見学させて頂いた時、第一印象として「自然に囲まれていて、穏やかな雰囲気の病院だな」と感じました。実際に少し患者様のリハビリの様子も見せて頂き、ゆったりとした時間の中でそれぞれのスタッフが丁寧にリハビリを行なっており、自分もこの雰囲気の中で学んでいきたいなと感じ入職させて頂くことを決めました。

リハビリテーション課の雰囲気・特色

(雰囲気)
年齢層は他の部署よりも比較的若く、休憩時間では冗談などを言って笑顔が絶えません。また少人数の為、それぞれ担当以外の患者様の情報も比較的共有しやすくなっています。リハビリ室は窓が多く、日の光が入りやすく、窓から見える風景も抜群です。
(特色)
当院の患者様は80代・90代のご高齢の方が多く、意欲の高い方には積極的な訓練を行い、体力の低下がある方や寝たきりになってしまった患者様には機能維持を中心とした訓練を行うなど、患者様やご家族の希望をお聞きしながら訓練内容を決めています。病気や怪我の発症からかなり時間が経過された方に対しても、積極的に訓練を行っています。

今後の展望(個人・リハビリテーション科)

(個人)
「医療の世界は日進月歩」ということもあり、常に新しい知識や治療方法など探究する必要があると思っています。多くの患者様により良いリハビリを提供出来るように努力していきたいと思います。
(リハ科)
先ずは人員をより増やすことにより、充実したリハビリを提供出来る環境を整え、その後は入院患者様のみならず外来リハビリや訪問リハビリなどにも力を入れて、より多くの方にリハビリを提供できるようになればと思っています。