HOME > 診療科のご案内 > 糖尿病外来
診療科のご案内

糖尿病外来

生活習慣病としてもよく知られている糖尿病は、過食や運動不足が主な原因となる病気です。日本では約40歳以上の10人に1人は糖尿病と言われ、近年では糖尿病の人は急激に増えてきているのです。

糖尿病という病気は、発症のはじめは自覚症状はありません。けれども、少しずつ進行し、血糖が高くなるだけではなく、合併症を引き起こし大変なことになります。糖尿病は、初期ならばある程度は食事や運動などでコントロールできますが、決して「治る」ことはありません。早期発見のために年1回の健康診断を受診する事をおすすめいたします。

糖尿病の症状

糖尿病の自覚症状としては以下のようなものがあげられます。

  • 喉がよく渇く
  • 水や清涼飲料水をよく飲む
  • 尿の量が多くなった
  • 食事を減らしてないのに体重が減少する
  • 体がだるく疲れやすい
糖尿病の初期症状として痛みなどはないため、健康診断などで血糖値の異常を指摘されるまで気づかない人が殆どです。早い段階で、糖尿病に気づき適切な食事療法や運動療法をきちんと行うことで、糖尿病の進行は抑制できます。上記の症状があり、糖尿病の心当たりや不安がある人は、すぐに医師に相談して下さい。

糖尿病の種類

1型糖尿病

主に小児~青年期に発症する糖尿病で、割合は日本の糖尿病患者全体のおよそ5%ほどです。小児糖尿病、インスリン依存型糖尿病と呼ばれることもあります。自己免疫によって、すい臓のβ細胞というインスリンを作る細胞が破壊され、からだの中のインスリンの量が絶対的に足りなくなって起こります。はっきりとした原因はまだわかっていませんが、遺伝子と環境要因によって発症すると考えられています。

2型糖尿病

主に中高年に多くみられる糖尿病で、日本の糖尿病患者全体のおよそ95%を占めます。インスリンの出る量が少なくなったり、腎臓や筋肉などの細胞へインスリンが働きにくくなったりして、血液中のブドウ糖がたまりすぎておこります。原因は遺伝要因もありますが、食事や運動などの生活習慣が関係している場合が多いと言われています。

その他の特定の機序、疾患による糖尿病

遺伝子異常・膵臓・腎臓の病気、感染症、免疫の異常などの他の病気が原因となって、また、薬剤や化学物質によっても糖尿病となる場合があります。

糖尿病の治療方法

糖尿病の治療方法は、食事療法や運動療法など生活の改善が中心です。ただ血糖値が異常に高く、早急に下げる必要があるときは、薬物療法が必要になります。薬物療法には飲み薬による治療やインスリンを自己注射するインスリン療法があります。

食事療法

糖尿病予備軍の方や、糖尿病の方に肥満の方が多いのは事実です。暴飲暴食が、糖尿病の進行に拍車をかけています。体が処理できないくらいの、糖分や栄養の過剰摂取は、何と言っても控えなければいけません。一般的には、1日の摂取カロリーは1,600kal以内に制限し、栄養バランスを十分に考える必要があります。

薬物療法

薬物療法としては、主に血糖値を下げるための血糖降下薬という飲み薬と、インスリン注射があります。 インスリン注射はインスリンが殆ど分泌されない人やインスリンの量が不足している人のため注射です。薬物療法が必要になる糖尿病のタイプとしては、まず「1型糖尿病」の人があげられます。1型糖尿病だと、体内でインスリンそのものを作れないので、インスリン注射が必要になってきます。また、それ以外の型の糖尿病でも、食事療法や運動療法を続けても効果が現れない場合には薬物療法が選択されます。ただし、これらの薬物療法は単体で行うものではなく食事療法、運動療法と一緒に行っていきます。

担当医

副院長 佐藤 知也   海老原 一        
副院長 佐藤 知也   海老原 一        
専門分野   専門分野        
神経内科
糖尿病
内分泌疾患

東京医科大学八王子医療センター 内科兼任 助教。
  糖尿病
内分泌疾患
 

   

診療担当医表(H29.4.1~)

 
午前 内科1診 佐藤※ 院長 成川※ 佐藤※ 田中 院長 成川※ 緑川
特診 呼吸器
廿楽
循環器
高田
午後 内科1診 海老原 上原※ 丸岡 窪田 海老原
内科2診 院長 成川※

※ 成川医師、佐藤医師、上原医師は予約優先となります。