HOME > 診療科のご案内 > 消化器内科
診療科のご案内

消化器内科

消化器内科では、食道から胃、小腸、大腸、胆道膵管系を含め全ての消化器疾患の内科的診療を行っています。 特に、高性能な内視鏡(胃カメラ・大腸カメラ)を使用し、ポリープの切除から早期がんの発見に力を入れております。

主な診療内容

当科で取り扱う代表的疾患と検査、治療の紹介をさせていただきます。

上部消化管疾患

【ピロリ菌】
ピロリ菌は胃の中に感染し、潰瘍・十二指腸潰瘍や胃癌と深い関係あがると言われ、日本では約6,000万人がピロリ菌に感染していると考えられています。ピロリ菌検査で陽性と診断をされた方に対して、治療を行います。当院では、最初に用いられるのがプロトンポンプ阻害剤+アモキシリン+クラリスロマイシンを1週間投与する3剤併用療法です。近年クラリスロマイシンに対する耐性菌が増加して、除菌治療の成功率は80%以下に低下しており、一回目の治療が無効な場合、クラリスロマイシンをメトロニダゾールに代えて再除菌する方法を行います。また現在のところ保険適応外ですが2回の除菌に不成功であった場合の、3次除菌法が現在様々な施設で検討されております。

【出血性病変】
出血性胃・十二指腸潰瘍、胃・食道静脈瘤破裂、マロリーワイス症候群、毛細血管拡張症などに対し緊急の内視鏡的止血術を行います。

下部消化管疾患

【大腸内視鏡】
すべての患者さんに苦痛の少ない下部消化管内視鏡検査を行うよう努めております。またその際疾患が認められた場合には内視鏡切除も積極的に行っております。

担当医

窪田 勉(非常勤)   緑川 武正(非常勤)        
窪田 勉            
専門分野   専門分野        
消化器内科
上部・下部内視鏡
腎臓、胆道、膵臓を得意としております。
  消化器疾患        

診療担当医表(H29.4.1~)

 
午前 内科1診 佐藤※ 院長 成川※ 佐藤※ 田中 院長 成川※ 緑川
特診 呼吸器
廿楽
循環器
高田
午後 内科1診 海老原 上原※ 丸岡 窪田 海老原
内科2診 院長 成川※

※ 成川医師、佐藤医師、上原医師は予約優先となります。

当科で使用する主な検査機器

GE製マルチスライスCT BrivioCT385

CT(コンピューター断層撮影)

ベッドを連続的に動かしながら検査をするため、寝たままで、特に痛みを感じる事なく短時間で検査を行う事ができます。

GE製マルチスライスCT BrivioCT385(16列CT) 当院では高度医療機器整備の一環として、最新の16列CTを設置し、患者さまのご負担を最小限に最新の画像診断情報を提供します。

  • CT検査時間を大幅に短縮(5~10分程度)
  • CT検査の息止め時間を減らします。
  • CTの検査回数を減らします(1回で精密検査まで)
  • 従来のCTに比べ40%被曝低減可能
  • 最新技術により、目的臓器のみ被曝低減可能
  • 1mm以下の骨折病変まで診断を可能にします。

内視鏡検査器

内視鏡(胃カメラ・大腸カメラ)

当院では、内視鏡を導入しております。検査時間も10分位と短い検査で、自分で胃の中を見ることもできます。また意識下鎮静法も使用しますので、苦痛や不安が少ない状態で検査を受ける事ができます。この検査を通して癌や潰瘍、胃炎、逆流性食道炎などの有無を調べ、検査の結果や症状にあわせて治療していきます。