HOME > 診療科のご案内 >当院のリハビリについて
リハビリテーション科

当院のリハビリについて

当院のリハビリは、脳卒中やパーキンソン病などの疾患を対象とした脳血管疾患等リハビリテーション、骨折や関節症疾患を対象とした運動器リハビリテーションを行っており、急性期~回復期だけでなく、積極的に維持期リハビリテーションも実施しています。

特色

スタッフは理学療法士、作業療法士、言語聴覚士が在籍しており、運動機能障害の診断・治療・予防を専門として患者様の機能回復・能力向上に努めています。

当院では院内行事を主催しています。当院は年2回のイベント(お祭り・クリスマス会)を病院全体で取り組み、入院生活とは違った雰囲気を感じ、少しでも病室を出て季節を感じられる機会を設けるよう心掛けています。

嚥下障害への早期介入にも力を入れています。必要な方にはリハビリが介入し、入院時に嚥下評価を行い安全に食事を食べていただけるよう取り組んでいます。

主な症状

  • 手足に麻痺や不自由がある
  • 歩くことができない
  • 食事、更衣、トイレ動作など身の回りの動作がうまくできない
  • 手の麻痺のために箸が使えない、字が書けない
  • 関節の痛み、変形、可動域制限がある
  • 筋力低下があり動きが悪くなった
  • 持続する腰痛のために日常生活に支障がある
  • 食べ物が飲み込みづらい、よくむせる
  • 義肢(義手・義足)を作りたい
  • 上肢装具、下肢装具、車椅子、座位保持装置などを作りたい
  • 息切れのために長く歩けない、活動が制限されている
  • 手術後のリンパ浮腫のために手足がむくんでいる
リハビリテーション科の風景
リハビリテーション科の風景
リハビリテーション科の風景