HOME > 診療科のご案内 > リハビリテーション科
リハビリテーション科

リハビリテーション科

当科では外来、入院において、脳血管疾患から運動器疾患まで幅広い分野の疾患に対し、リハビリテーション科医師を中心に理学療法士・作業療法士・言語聴覚士や看護師と協力して総合的なリハビリテーションを行っております。

当院の特徴

リハビリテーション科では、外来、入院において、幅広い分野の疾患に対し、理学療法・作業療法・言語療法によるリハビリテーションを行っており早期から回復期まで対応可能です。

脳血管疾患

主な対象:脳卒中(脳梗塞 脳出血) パーキンソン病
脳血管疾患とは、脳の中の血管や血液の障害により発症する病気の総称です。発症すると、言語障害や摂食・嚥下障害、麻痺、機能障害などが残ることがあります。私たちスタッフは、患者さんが日常生活を困難にしている原因を医学的に評価し、能力の向上を目指します。

運動器疾患

主な対象:骨折 交通事故 関節症疾患
運動器とは、骨や関節、靱帯、筋肉、手足の神経や血管などのことで、これらの部位に障害があったり、スポーツや事故で外傷を負うことを運動器疾患といいます。当院では、リハビリテーション科医師により術後のリハビリにも対応しており早期から回復期まで対応が可能です。

担当医

副院長 佐藤 知也              
佐藤知也              
専門分野              
糖尿病
内分泌疾患

東京医科大学八王子医療センター 内科兼任 助教。
             

診療担当医表(H29.4.1~)

 
午前 内科1診 佐藤※ 院長 成川※ 佐藤※ 田中 院長 成川※ 緑川
特診 呼吸器
廿楽
循環器
高田
午後 内科1診 海老原 上原※ 丸岡 窪田 海老原
内科2診 院長 成川※

※ 成川医師、佐藤医師、上原医師は予約優先となります。