HOME > 診療科のご案内 > 認知症外来
認知症外来

認知症外来

認知症とは、記憶力や判断力が低下し、日常生活や社会生活が困難になる病気です。 加齢とともにはじまる、年相応の物忘れとは異なり、正しい理解と早期診断、適切な治療によって認知症の進行を遅らせることだけではなく、軽快させることも可能です。

認知症について

認知症で重要なことは、初期症状のうちに治療を開始することです。その初期症状に気付くのはご家族の皆さんです。

  • 「物の名前が出てこなくなった」
  • 「よく知っている道で迷ってしまった」
  • 「ささいなことで怒りっぽくなった」
  • 「好きだった物事への関心や興味が失われた」
  • 「身だしなみに気をつかわなくなった」

このような症状、もしくは今までになかった言動が見られた場合には、早めの受診をお勧めします。

認知症を正しく理解する

早期診断・早期治療により認知症の進行を遅らせるだけではなく、軽快させることも可能です。それにより日常生活に対する問題を大幅に軽減します。

認知症の進行・治療法は人によって様々です。
お悩みの方がいましたら、一人で悩まず、まずはご相談ください。

なお、当医では認知症専門の質問ブログをご用意しておりますので、ご質問があればご利用ください。

担当医

院長 成川 有一            
成川有一            
専門分野            
総合内科
血液内科
認知症
睡眠時無呼吸症候群
     

   

診療担当医表(H29.4.1~)

 
午前 内科1診 佐藤※ 院長 成川※ 佐藤※ 田中 院長 成川※ 緑川
特診 呼吸器
廿楽
循環器
高田
午後 内科1診 海老原 上原※ 丸岡 窪田 海老原
内科2診 院長 成川※

※ 成川医師、佐藤医師、上原医師は予約優先となります。