HOME > 診療科のご案内 > 一般内科
診療科のご案内

一般内科(総合内科)

総合診療科の一般外来では、発熱や痛みなどの急な症状、腹痛、倦怠感などの慢性的な症状でお困りの方、検診異常で相談されたい方、またどの科を受診すれば良いかわからない方を主な対象として診療を行っています。専門外来との連携により、幅広い疾患に対してより正確な診断と治療が提供できる体制となっています。

特色

当科は病気の治療だけでなく、疾患の背景にある問題にもアプローチし対応します。ご高齢や救急搬送される方の多くが、身体機能の低下、介護力の問題のほか様々な社会的問題を抱えていらっしゃいます。疾患の治療を進めながら、これら背景にある問題に対してもリハビリテーション、薬剤師、栄養士およびソーシャルワーカーなどの多職種でチームとして対応します。患者さんが真に必要としている医療を適切に提供できるように努力しています。

主な症状

  • 熱がある
  • 頭が痛い
  • お腹が痛い
  • 全身又は手などがけいれんする、しびれる、ふるえる
  • 体調が優れない
  • 話しにくい、ろれつが回らない
  • めまい感
  • 冷え症

主な病気

  • 発熱
  • 腹痛
  • 倦怠感
  • 感染症
  • 関節痛
  • 肥満症
  • 高脂血症
  • 骨粗鬆症の診断
  • 痛風
  • 関節リウマチ
  • 各種アレルギー
  • 胆石症

担当医

院長 佐藤 知也   窪田 勉   上原 隆夫(非常勤)    
佐藤知也   窪田 勉   上原隆夫    
専門分野   専門分野   専門分野    
糖尿病
インフェクションコントロール
ドクター(ICD)
東京医科大学
八王子医療センター
内科兼任助教
  消化器内科
上部・下部内視鏡
腎臓、胆道、膵臓を得意としております。
  神経内科
パーキンソン病
リハビリテーション
漢方外来
   
廿楽 裕(非常勤)   橘 俊一(非常勤)      
廿楽裕          
専門分野   専門分野        
呼吸器内科
喘息、肺炎、肺癌、慢性閉塞性肺疾患 等

横浜旭中央総合病院
呼吸器内科部長
昭和大学藤が丘病院呼吸器内科 兼任講師
  呼吸内科      

外来担当表2021.9.1~

※平日午後(木曜を除く)と土曜は外来休診となりますのでご注意ください。
◆ 受付時間 午前8:30~12:00 / 午後1:30~5:00 ◆

 
午前 診察室1 病院長
佐藤
上原※1 病院長
佐藤
交代制 休診
診察室2 泌尿器
下山
循環器※2
第1・3・5のみ
呼吸器
廿楽つづら
午後 診察室1 休診 休診 休診 窪田 休診

※1 火曜午前:上原医師の内科外来は予約の方が優先となります。
※2 火曜午前:循環器外来は第1・3・5のみ受付は11時までとなります。

当科で使用する主な検査機器

GE製マルチスライスCT BrivioCT385

CT(コンピューター断層撮影)

ベッドを連続的に動かしながら検査をするため、寝たままで、特に痛みを感じる事なく短時間で検査を行う事ができます。

GE製マルチスライスCT BrivioCT385(16列CT) 当院では高度医療機器整備の一環として、最新の16列CTを設置し、患者さまのご負担を最小限に最新の画像診断情報を提供します。

  • CT検査時間を大幅に短縮(5~10分程度)
  • CT検査の息止め時間を減らします。
  • CTの検査回数を減らします(1回で精密検査まで)
  • 従来のCTに比べ40%被曝低減可能
  • 最新技術により、目的臓器のみ被曝低減可能
  • 1mm以下の骨折病変まで診断を可能にします。

内視鏡検査器

内視鏡(胃カメラ・大腸カメラ)

当院では、内視鏡を導入しております。検査時間も10分位と短い検査で、自分で胃の中を見ることもできます。また意識下鎮静法も使用しますので、苦痛や不安が少ない状態で検査を受ける事ができます。この検査を通して癌や潰瘍、胃炎、逆流性食道炎などの有無を調べ、検査の結果や症状にあわせて治療していきます。


心エコー

超音波検査

超音波(エコー)を利用して画像化する検査です。
検査部位にゼリー剤を塗り、探触子をあて、体内の様子をリアルタイムにモニター観察します。
腹部エコー:主に肝、胆、膵、腎臓。その他。
心臓エコー:心臓の働き、機能の測定など。