HOME > 診療科のご案内 > 睡眠時無呼吸症候群
診療科のご案内

睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群は、世間で考えているより、ずっと多い病気です。この病気にかかったまま放置されていますと、心筋梗塞や脳梗塞の発症リスクが高まります。

いびきは病気のサイン

1秒以上続く無呼吸が睡眠1時間あたり5回以上(平均)起こり、これにより日中の眠気などの症状があることがSAS(睡眠時無呼吸症候群)の定義 です。
無呼吸が起こる理由は、呼吸中枢の異常によっておこる中枢性睡眠時無呼吸タイプ(CSAS)と、気道の閉塞が原因となる閉塞性睡眠時無呼吸タイプ (OSAS)があります。
SAS患者さんのほとんどが、気道の閉塞によって生じる閉塞タイプです。
無呼吸が続く事によって身体の酸素不足が生じ、心臓や身体に悪影響を及ぼします。眠っていても休めていない、それがSASの怖さです。早い時期に検査をうける必要があります。適切な診断と治療を行えば、熟睡した朝の爽快感が取り戻せます。

SAS(睡眠時無呼吸症候群)になる原因

SASになりやすい体型というのがあります。第一に肥満。太るとのどや首の周囲に脂肪がつき気道を圧迫するのでいびきやSASを起こしやすいのです。 そして次に忘れてはいけない重要なポイントは『慢性扁桃腺炎』の持病を抱えている方です。

簡易SASセルフチェック

「日中の眠気」、「眠っている間に呼吸が止まる」、「熟睡感が無い」‥‥‥ご自分で思いあたる症状はありませんか?以下の質問であてはまると思う項目にチェックをして下さい。1コでもあてはまる場合、あなたはSAS(睡眠時無呼吸症候群)の可能性があります。

  • しょっちゅういびきをかく
  • 体重が増えている
  • 高血圧がある
  • 昼間に眠たくなる事がよくある
  • 眠りが浅く、よく目が覚める
  • いくら寝ても疲れがとれない

検査の流れ

最初に問診を行います。そこで、いびきや無呼吸の有無、昼間の眠気などに関する質問に加え、今までの病歴、薬の服用状況などについて質問させて頂きます。その後に、体型や顔面骨格、メタボリック症候群の有無なども調べます。
出来れば家族やベッドパートナーと一緒に受診をおすすめします。自分では気づいていない睡眠中の状況について指摘してもらうことが診療に役立ちます。 問診でSASの可能性大とされた場合、診断機器を用いた検査へと進みます。検査は、自宅でもできるスクリーニング検査になります。スクリーニング検査は、自宅で寝ながら出来る検査です。検査の結果、治療が必要と判断されれば、症状や重症度、原因に応じた治療法の決定へと進みます。
※睡眠時無呼吸症候群の検査は保険適応になります。

睡眠時無呼吸症候群の治療方法

CPAP療法

睡眠時に鼻マスクを装着するだけの簡単な治療法で、 SASの中でも閉塞型睡眠時無呼吸症候群に有効です。一定の圧力の空気を鼻マスクに送り、マスクを介して常に空気を送ることで気道を広げ、無呼吸を防ごうというもの。投薬や手術などと違って身体への負担はほとんどありません。またこの治療法は、実は高血圧や肥満の改善につながることが報告されています。

CPAP導入フォロー

当院では、1人1人のご満足が頂ける医療を心がけており、CPAP導入に関る説明からマスクの選定、適切なCPAP圧の選定、外来での指導管理を行っております。

患者様への説明

CPAP療法を導入するにあたり、患者様への説明を行っています。

  • 自覚症状(眠気、倦怠感)が改善すること
  • 合併症の改善が見込めること
  • 最初は風が不快であるがすぐ慣れること

マスクの選択

CPAP療法の効果を十分に出すためにマスクの選定が重要になって来ます。当院では、1人1人に合ったマスクを選定しております。

  • マスクの周りに空気漏れが無い
  • マスク重量が鼻梁部集中しない など

適切なCPAP圧の選定(タイトレーション)

最初は、CPAP圧が強すぎ不快に感じる方がいるかもしれませんが、当院で、それぞれの病態に応じて、上気道の開存維持に必要な圧を決定します。

  • 7cmH2Oの低い圧から開始する
  • 呼吸異常による覚醒反応、いびきやSpO2の低下が認められれば、圧を上昇させる

外来での指導・管理

外来での指導管理(1回/月)が必要です。

外来でのチェックポイント

  • CPAPの使用状況
  • マスクの装着感
  • 日常生活状況
  • 血圧と体重の測定

担当医

院長 成川 有一            
成川有一            
専門分野            
総合内科
血液内科
認知症
睡眠時無呼吸症候群
     

   

診療担当医表(H29.4.1~)

 
午前 内科1診 佐藤※ 院長 成川※ 佐藤※ 田中 院長 成川※ 緑川
特診 呼吸器
廿楽
循環器
高田
午後 内科1診 海老原 上原※ 丸岡 窪田 海老原
内科2診 院長 成川※

※ 成川医師、佐藤医師、上原医師は予約優先となります。